FXで売買ができるまでの流れ

FXという投資商品で売買をする為には、まず口座を作成する必要があります。思えば私たちが普段お世話になっている銀行も、それが必要になりますね。それと同じなのです。

どのような流れになるかと言うと、まずはその商品を提供している業者のホームページへのアクセスです。たいてい口座を作る為のボタンが設置されていますので、それをクリックして入力用のフォームのページに移ります。そこで個人情報を色々入力する事になるのですが、その際気をつけるべきなのは正しいデータを入力するべき点です。間違った内容を入力してしまうと審査落ちになってしまう事があるからです。

そして入力後は情報を送信する訳ですが、さらに証券会社などに対して身分証明書を送ることになります。送り方はとてもシンプルで、まずデジカメや携帯のカメラなどを使って持っている証明書を撮影します。それで画像データを作成し、証券会社に送付する訳ですね。

それらのデータを受け取った証券会社などは、申込者に対する審査を行います。それでパスしていれば、口座が作れる流れになります。しかし落とされれば、もちろんお断りになります。たいていリスクを理解しているかどうかが審査される事が多いですね。

そして審査が完了すれば、今度は証券会社の方から郵送物が届きます。何を届けるかと申しますと、パスワードです。

実は従来までは、証券会社は主にメールでパスワードを送っていました。しかしセキュリティの問題が色々とあり、ある時から紙媒体でパスワードを送らなければならなくなったのです。ですので現住所によっては、売買できるまでに多少の時間を要する事があります。金融会社のオフィスから離れていれば、数日ほどかかるでしょう、

そのパスワードを用いてログインをし、業者に入金をしてから売買を行うという流れになります。手続き自体は、正直それほど難しくないと思います。ただ前述のように、情報を入力する時の正確さが一番大切だと思いますね。

カテゴリー: FX情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>