FXでの負けパターンは絶対に避ける。

FXでは勝ちにはそれほど意味がありません。ですが負けにはパターンがあります。後で思い返して、

何でこんな事しちゃったのか、と思う事は多いです。しかしパターン化されていれば、その行動を

取らない事で負けを減らすことが出来ます。勝ち方は知らなくても勝てますが、負けは知らないと

勝てません。

多いと思われるのが、意味のないポジション取りです。当然ですがポジションを取っていなければ

自分の成績は動きません。なので、ポジションを取っている時をFXをやっている、取っていない時は

FXをやっていないと意識してしまって、どうしてやるのかも分からないまま、何となくでポジションを

取ってしまう人がいます。中には取っていないと落ち着かないと言う人も居るようで、完全に赤信号

ですね。動いている時は尚更ポジションを取りたくなりますが、それが絶好球なのかどうかの判断が

出来なければ、自然と負けは増えていきます。四六時中気になってしまう人は注意かも知れません。

もう一つは、基本中の基本ですが、損切り出来ないパターンです。自分の意志で損をしないといけないので、

それなりに覚悟が要りますが、出来ないのではズルズルと負けていきます。そもそも損切り出来ない、と言う

人は論外ですが、普段出来ている人でも、取引のケースによっては出来ないこともあります。それも赤信号

ですね。損切りしよう、いや・・・でも・・・。なんて考え始めたらもう危ないです。自分はダメな状況だ、

パターンだと考え直して、すぐに止めるのも悪くありません。たまに損切りしないでうまく行くことが

あるのが嫌らしいのですが、それでも負けパターンであるのは間違いありません。

勝ちにパターンは無くても、負けには必ずと言えるほどパターンがあります。勝ちよりも負けの方が

意味があるので、負けパターンは常に把握して置き、自分がそれにハマりそうだったら改善しましょう。

パターンを徹底的に避けるだけでも、自然と勝率や利益は上がって行きます。人間ってそう違いがあるもの

でもありませんから、他人の失敗には学ぶところが多くあります。

カテゴリー: FX情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>