FXの取引においてのいい失敗と悪い失敗

FXの取引をして利益を出すためには為替の値がどちらに動くのかということを予測する必要があります。しかし人間は超能力者ではないので当選ながら為替の値動きをすべて完璧に予測することはできません。そのためFXの取引で利益を出すためには為替の値動きの予測を6割から7割くらい当てるくらいの精度にすることになります。

そしてすべての為替の値動きを予測することは不可能なので、当然のことながら取引をしていて損失を出してしまうこともあります。取引をして損失を出してしまった場合失敗と認識することになるのですが、FXの取引をするにおいてはいい失敗と悪い失敗があり、いい失敗をするにあたってはそれほど気にすることはないのですが、悪い失敗をしてしまった場合はその後の取引に大きな影響を及ぼすことになるので利益を出せるようになるためには改善していく必要があります。

そしてFXの取引においてのいい失敗と悪い失敗にはどのようなものがあるのかというとまずいい失敗というのはしっかりと為替の値動きの予測を分析してそれに基づいて取引をしたが結果的に予測が外れて損失を出してしまった場合です。このようなことはFXの取引をしていて常に利益を出している人でもする失敗なので気にする必要はありません。取引を失敗した後、何が原因でうまくいかなかったのかを分析すれば済むことです。

一方悪い失敗というのは当初自分の取引をするストーリーを描いていて、そのとおりに取引をしようと思ったのですが、為替の値が一時的に自分の不利な方向に動いてしまったため、違う取引をして損をしてしまった場合、結果的に当初描いていたストーリーのとおりに取引をしていれば利益を出すことができたというケースです。

このような失敗はかなり精神的ダメージが多く、今後の取引に大きな影響を及ぼします。そのため継続的に利益を出せるようになるためにはこのような失敗はできるだけ無くす必要があります。

また悪い失敗をしてしまう原因として精神的な弱さがあるので、精神面を強くすることによって克服することができるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>