FX取引におけるレバレッジとロスカットについて

個人でFX取引をする場合、現行の規定ではテコの役目を担うレバレッジの倍率は最大で25倍となっています。例えば米ドル通貨1lotで取引をする時に1ドルが100円であった場合、必要となる証拠金は4万円という事になります。本来ならば100万円が必要となるところレバレッジを利かせる事で4%の資金で取引出来る事になります。この事はFX取引の最大の魅力でありメリットでもあります。

前文の例ならば、その後101円までドルが上昇した時には、1lot保有の場合は1万円の利益を得る事が出来ます。単純に計算をするならば預金口座に4万円を預けて1年後に税込みで25%の利息を貰ったという事になります。その事だけで考えるならば高利回りの金融商品であると言えます。

レバレッジは少額投資をする為に利用する事もありますが、他にも利用の方法があります。それは1ドル100円の場合100万円を証拠金として入金してレバレッジを25倍にする事です。この場合には100万円で2,500万円分の取引を行う事になります。相場が1ドル100円が101円まで上昇した時には25lotの保有なので25万円の利益を得る事が出来ます。この場合は同様に銀行に100万円を預けて1年後に25万円の利息を貰えたという事になります。

このように高利回りと言えるFX投資ですが、レバレッジを利かせるという事は取引金額に比べて資金が少なく済むという事なので、相場が予想と反対の方向に変わってしまった時には証拠金維持率という割合が減少をします。殆どのFX会社では証拠金維持率が50%を下回ってしまった時に、これ以上のリスクを回避する為に「ロスカット」という措置を取っています。ロスカットとはFX会社が行う強制決済の事を言います。

保有しているポジションの時価換算額と資産を足した金額を必要証拠金で割り、100を乗じてその割合を算出します。変動する時価換算額が増えれば証拠金維持率も増加し、反対に相場が悪い方へ動くと証拠金維持率は減少をします。その割合が50%となった時ロスカットが行われます。

ロスカットを避けるには、新規注文の際にMAXの損を決めて同時に逆指値での注文をしておくか、ロスカットが近付くとFX会社からアラートメールが来るので、資金を追加で入金する事で可能となります。どの位の金額を入金したロスカットにならずに済むかという事などは、FX会社でロスカットのシミュレーションを行えるようになっているので、確認をすると良いでしょう。

カテゴリー: FX情報 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>