低レバレッジと高レバレッジの使い分け

FXでは高いレバレッジをかけて利益を何倍にもできるのが魅力ですが、かける倍率は投資手法や通貨ペアに応じて変えていかなければなりません。利益が大きいということはそれだけ損失を生む可能性もあるということであり、その時々の状況に適したレバレッジをかけることがFXで生き残るためには必要になります。

スキャルピングやスイングなど超短期で利益をあげるときに適しているのはハイレバレッジです。数pipsを狙って取引を繰り返すので、できるだけ利益を増幅させたいという狙いがある一方、狙いが外れた場合は即座に損切りをする手法でもあります。よって、損失が拡大しにくいというところからある程度高いレバレッジをかけても傷を広げにくいという性質もあります。

特にハイリスクな新興国通貨を扱うときにもこの手法とハイレバレッジは相性が良いです。新興国通貨は金利は高いものの、流動性の乏しさもあってトレンドを無視した上下変動が起こりやすいです。予測できないリスクを多数はらんでいるだけに、ハイレバレッジで短期回収を狙う手法がセオリーになります。逆にこうしたハイリスク通貨を長く、ハイレバレッジで持ち続けるのは退場のパターンだともいえます。

もし中長期で安定した利益を狙うならば基本は低レバレッジということになります。これはスワップを狙うときも同様で、底が抜ける恐れのない安定した資源国通貨などを低レバレッジで運用します。純粋にスワップだけを求めるならば一定期間ごとに枚数を増やしていくという手法も有効です。こうして低レバレッジでスワップを受け取りつつ、為替差益が大きく出た場合は利確を行います。

もちろんずっと低レバレッジの運用にこだわる必要はなく、ここぞというときには枚数を積み増すことはありえます。ただ、そういった機会を伺うためには余力を残しておく必要もあり、低レバレッジで運用を続けるのはそういった意図も含めてのことです。上でも書いたとおり、高レバレッジというのはごく短期に積み増すときにしか使わないものだということはしっかり覚えておきましょう。

カテゴリー: FX情報 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>