取引のヒントを教えてくれるマージンコール

FXには、便利な機能がいくつか完備されています。その機能の1つは、マージンコールと呼ばれるものです。

マージンコールとは、損失額がある一線を越えた時に発生するものです。例えば100万円の元手で、FXの投資をしているとしましょう。ところが当初予想していた値動きとは別の方向に外貨の動きが発生してしまい、損失が発生してとします。そのようなケースは、よくあるものなのですが。

そして損失額が、50万円になったとしましょう。するとFXの業者は、顧客に対してメールを配信してくれるのです。ちなみにそのメール配信は、自動的に配信されるのですが。そのようなメールが、マージンコールです。

マージンコールが発生した場合、そのまま放っておくのはちょっと危険です。より損失が拡大する可能性があるからです。現在は50万円の損失ですが、今後70万円や80万円などと損失が膨らんでしまうケースはよくあるからです。

ではマージンコール時にはどうすれば良いかと言うと、例えば追加入金です。上記の事例では、元手に対する損失率が50%になっています。しかし100万円の追加入金をすれば、総資産は200万円になります。200万円にに対する50万円の損失なのですから、損失率は25%になるでしょう。損失率を抑える意味で、追加入金をするという方法がある訳です。

もう1つの方法ですが、いったん損切りをする方法です。損切りをすれば、50万円の損失は確定してしまいます。しかし後になって70万円や80万円など大きな損失になるよりは良いからです。後でロスカットになるよりは、マージンコールが発生している内に損切りをする方が傷は浅くなるでしょう。

そしてマージンコールというのは、取引手法を見直すべきタイミングとも言われています。マージンコールは、自分のやり方がちょっと間違っている可能性がある訳です。ある意味マージンコールは、「自分の取引手法に関するヒントを与えてくれるシステム」とも言えますね。ですのでFXのマージンコールは、やはり便利な機能だと思います。

カテゴリー: FX情報 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>