FXのスワップ金利とその注意点

FXで利益が発生する方法は、2つです。為替レートの変動による利益と、スワップポイントです。人によっては、後者のスワップ金利に魅力を感じている方もいらっしゃるものですが。

スワップポイントの魅力は、やはり金利の高さだと思います。日本国内の銀行による普通預金の金利は、現状は1%にも達していない状況です。しかしスワップポイントの場合は、それよりは高い利益率が期待できるのがメリットと言えます。現にそれに魅力を感じて、外貨の買い注文を行っている方々も多数いらっしゃるのですが。

ところでスワップポイントを目的に取引をする場合には、ちょっと気をつけておくべき点もあります。スワップポイントは、変動する可能性を多いに秘めているのです。

上記でも申した通り、日本国内の金利はとても低いです。ところが昔は、日本の金利もそこそこ高かったのです。普通預金の口座に預けているだけでも、そこそこの金利が発生していたものですが。つまり金利は、変動するものなのです。

そして外貨も、それは同様です。現時点では高金利の通貨であっても、今後それが変化する可能性は多いにあります。

現にある外貨は、以前は買い注文によってそこそこのスワップ金利が発生していました。ところが数年前のリーマンショックによって、金利が大きく変動しました。あのショック直後は、その外貨の買いポジションを持っていると「スワップを払わなければならない」という状況だったのです。ですので現在は高金利であっても、今後低金利になる可能性があるのは要注意と言えるでしょう。

したがってスワップポイントを目的にする場合は、「今後金利が下がった時はどうするか」を想定しておくのが大事だと思います。それは何もスワップ狙いの取引だけでなく、為替レートの変動による利益を狙う時も同様です。

FXでは「万が一の損失が発生した時にどうするか」を考えておくのは、基本中の基本だと思います。この基本を忘れないようにしておくのが、FXでは一番大事なポイントだと私は思います。

カテゴリー: FX情報 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>