借金が発生しづらいFXのロスカット

金融の投資商品の中には、借金と関連しているものも有ります。

そもそも投資では、損失が発生する可能性も多いにあり得ます。数年前のリーマンショックのような出来事が起きれば、それで大きな損失がケースもあるのですが。それがきっかけで、大きな借金が発生するケースもあるのですが。

例えば100万円の元手で投資を始めたとしましょう。そしてしばらく期間が経過しました。残念ながら損失が発生していしまったとします。その損失額は、150万円だったとしましょう。

このような場合、投資商品によっては借金が発生するのです。この場合は損失が150万円なのですから、150万円から100万を減じた50万円の損失額が発生します。

では顧客は50万円の損失はどうやって工面をするかというと、証券会社などからの借金です。借金になっている以上は、もちろん返済をする必要があるのですが。このように借金が発生した場合には、追証という追加入金をしなければならないケースもあります。ですので借金が発生するような投資商品は、ちょっと要注意なのですが。

ではFXの場合も借金が発生するかというと、その可能性は限りなく低いです。なぜならFXには、ロスカットというシステムがあります。

上記のような150万円もの損失が発生してしまうと、顧客に対する借金も発生してしまいます。それを防止するために、150万円になる前に強制的に損切り決済が行われる訳です。損失額が80万円や90万円など傷が浅い内に、損切りが行われます。損切りが発生すると、残金は10万円や20万円になってしまいますね。しかしそれでも、借金が発生するよりはベターと言えるでしょう。

このようにFXでは、顧客に借金が発生しにくいシステムになっている訳です。そのメリットは大きいと思います。

ただし相場の急変動が発生した場合には、たまに例外もあるそうです。ごく稀に借金が発生するケースもあるのですが、その可能性は非常に低いです。基本的にFXは、借金が発生する投資商品と性質が異なるものと言えるでしょう。

カテゴリー: FX情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>