バーグ海外FX口座について興味もってるぜ

FXを体験してみて

最近になって初めてFXをしてみました。何カ月かは勉強をして、どういう風にすればいいのかどういった用語があるのかと調べたり聞いたりしました。
いきなり実践するのは難しいと思い、デモでできるお金のかからないFXをしました。最初は全然訳がわからないまましていましたので、全然だめでした。いきなり実践しなくてよかったと思うほどひどかったです。
それからは、何日もかけてしてみてやっと流れというのが分かってきました。
そろそろしてみようと思い、お金をかけて初めてすることにしました。お金をかけているという事もあり、緊張感と不安でいっぱいのままなんとか取引をしました。一日かけて数千円の利益でしたが、ものすごくうれしかったです。
お金儲けのためにやりたいという気持ちではなく、少しでも生活の助けになる程度と考えてしています。ですので、数千円でもプラスであれば充分です。やっていくうちに変な欲がでてきそうですが、今のスタイルを続けていくようにしていきたいです。

FXの取引をする場合ルールを作ることが大切です

FXの投資をして誰もがたくさんのお金を稼ぎたいという思いを持っていますが、ただ闇雲に取引をしただけではFXの投資で利益を出すことはできません。

そしてFXの取引をする場合においてルールを作ることが大切であると言えます。なぜルールを作るのが大切なのかというとそれは人によって自分に合った取引の仕方が違うからです。例えばある人がFXの投資でたくさんの利益を出していて、その人の取引方法を実践してみてもうまくいかないというケースもよくあります。そのため他の人の取引方法を参考にするのはいいことですが、実際に自分で取引をしてみて、どのような方法で取引をするのが一番いいのかということを見極めてルールを作ると安定した利益を出すことができるようになります。

またFXの取引をしているとどうしても当初考えていたこととは違った行動を取ってしまうことがあります。これによって取引がうまくいかなくて損失を出してしまい、後悔してしまうことも少なくありません。このようなときもルールを作っておいて、それを守って取引をすれば防ぐことはできます。

FXのリスクについて

私はサラリーマンとして働いていながら、自分の収入に満足していなかったため副業に興味をもっていました。そこで少しやろうかなと思っていたのが、投資でした。投資といってもいろいろなものがあり、株やFX、不動産などがあります。その中で手軽にできそうで、リスクが少なそうなFXを選択しました。FXの魅力としては、為替によってお金を得るため、簡単にできそうな気がしました。
私は少し貯金を崩して、30万円ほどで始めました。しかし、簡単にできるだろうと思ったのが失敗でした。FXの仕組みとしては自分のお金を何倍何十倍として購入するため、少しの差異でお金を儲けることができます。しかし、その逆で少しの価格の下落で損をする額がとても大きいものなのです。そのため、所持金が少ない人はなかなかのリスクがあります。私は実際に下落した際に30万ほどしかなかったため、下落が大きすぎて、自分の口座のお金が一気に0円になってしましました。このように十分なお金と、しかっりとした知識がないとFXのリスクはとても上がってしまうため、気をつけましょう。

FXのスプレッドについて

FXのスプレッドとは、通貨ペアの買値(Bid)と売値(Ask)の差額のことを言います。この差額がFX会社の利益になります。取引手数料を無料にしているFX会社は多いです。このスプレッドが狭いほど、利用者にとっては利益を出しやすいということになります。ネット証券会社でもFX取引は出来ますが、スプレッドに関しては比較的広いです。FX(外国証拠金取引)をメインの事業にしている会社の方が、比較的スプレッドは狭いということになります。具体的には、SBIFXトレードやDMMFX、外為ジャパンなどのスプレッドが狭いです。中でもスプレッドに関しては、SBIFXトレードが断トツに狭いです。一番お得だと思います。ただし、FX会社を選ぶポイントはスプレッドだけではありませんので、総合的に判断する必要があります。スプレッドが狭いと、デイトレードはし易くなります。会社によっては時間帯によってスプレッドの幅が変わりますので、注意が必要です。FX取引においてスプレッドは重要な要素になります。
おすすめサイト↓
海外FX比較.com~後悔しない海外口座のFX業者を選ぶ~

http://xn--fx-0j6c50rv2h82x.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>